たるみ・ハリ不足で使いたい化粧品選びのポイント!

40代から使いたいハリケアのための洗顔石鹸の選び方

40代の洗顔料は洗顔石鹸が適しているといわれています。若いころは使い勝手のよいフォームタイプや泡タイプを使っていた方も40代に入ったらエイジングケアの一環として洗顔石鹸への切り替えを検討してみましょう。

40代は泡の質がよい洗顔石鹸を!

40代の洗顔石鹸

どうして40代には洗顔石鹸がよいのか?その理由はそのまま選び方のポイントとも関わってきます。

 

まず洗顔石鹸は泡の質がよいメリットがあること。洗顔のポイントは泡で汚れを落とすことだといわれます。

 

指で強くこするのではなく、泡をうまく肌になじませながら汚れを浮き上がらせ、泡で吸着して落としていくのです。

 

そうしないといくら指で強くこすっても毛穴の奥の汚れを落とすが難しいですし、摩擦の刺激で肌に負担をかけてしまいます。

 

40代の肌は角質層から保湿成分、表皮から皮脂が減少することで乾燥とバリア機能の低下が進んでいます。

 

そのため摩擦の刺激や過剰な洗顔で水分や保湿成分を落としすぎてしまうことがないよう、適度な洗顔が求められるようになります。若いころのようにとにかく清潔意識ばかりが先走って洗いすぎてしまうような環境が許されなくなってくるのです。

 

加えて乾燥や肌のハリ・ボリュームの低下から毛穴が狭く硬くなるため汚れがつまりやすい環境になっていきます。力任せで洗っていくのではなく、泡が毛穴の奥の汚れをうまくかきだして落としていけるような洗顔環境が求められるわけです。

洗顔石鹸選びのポイントは濃密泡

40代の洗顔石鹸

ですから洗顔石鹸を選ぶ際にはまずできるだけ泡立ちがよいものを選びましょう

 

注意したいのはすぐに泡立つのが泡立ちのよい洗顔石鹸ではなく、濃密で長持ちする泡が作れるのが泡立ちのよい洗顔石鹸だということです。

 

少々時間と手間をかけて、必要なら泡立てネットを使用して十分に泡立てたときに濃密な泡を作ることができるか。これが洗顔石鹸選びの最大のポイントです。

 

濃密な泡だと長持ちするので洗っている間ずっと泡の吸着力で汚れを落としていくことができます。

 

この泡で落とす洗顔を徹底することで余分な皮脂などの汚れをしっかり落としつつ、保湿とバリア機能に必要な皮脂やセラミドは残すことができるようになります。

 

これは乾燥対策だけでなくハリケアにおいても非常に重要な部分で洗顔の段階でふっくらとしたハリとボリュームを保てるかどうがその後の化粧水、美容液でのケアにも影響を及ぼします。

 

こうした泡にこだわる点を最優先しつつ、プラスアルファでセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、グリセリンといった保湿成分が配合されているかどうかをチェックしてみるとよいでしょう。

 

残すものは残しつつ、汚れは毛穴の奥までしっかり落とす。これが40代のスキンケア、ハリケアにおける洗顔の鉄則です。

40代から使いたいハリケアのための化粧水の選び方

化粧水はもともと洗顔直後の肌を整えるためのアイテムです。ですから40代のハリケアにおいてもまずこの点をしっかり備えている化粧水を選ぶことが求められます。

40代は肌に優しい化粧水を選ぶこと

40代の化粧水

洗顔後には汚れが落ちて清潔な状態になっているだけでなく、皮脂膜に必要な皮脂やセラミドなども一緒に洗い流されてしまっていることで無防備で刺激に敏感な状態にあります。

 

その状態を整えずにハリケア成分を補っても十分な効果が得られないどころか刺激になってかえって肌環境を悪化させてしまう恐れもあるのです。

 

ハリケアの必要性を感じている方ほど乾燥が進んでいる傾向がありますから、まず化粧水で問題なくハリケアができる環境へと肌を整えることを最優先に考えましょう。

 

そのためにもまず肌に合った化粧水を選ぶことが第一です。バリア機能が低下した40代の肌に無理なく使うことができるかどうか。これには個人差があるほか、収れん効果と保湿効果のどちらを重視するかとも関わってくる大事な部分です。

 

ハリケアでは肌と毛穴を引き締める収れん効果が化粧水の大事な役割ですが、刺激に敏感な肌には保湿をしっかり行うことで美容液を無理なく使える環境へと整えていくケアも必要になるからです。

 

ですから刺激が気になる方、敏感肌で美容液がうまく使えずに困っている方、洗顔後に肌がつっぱりやすい方は保湿効果を重視して化粧水を選びましょう

たるみには収れん化粧水がおすすめ

40代の化粧水

一方刺激はそれほど気にならないけどハリの低下やたるみ、毛穴の開きが気になるという方は収れん効果を重視しましょう

 

注意したいのは収れん効果を備えた化粧水にはエタノールを配合したものがある点です。

 

このアルコール系の成分は肌を引き締める優れた効果を備えている一方で水分を蒸発させてしまう作用もあります。20代〜30代前半まではともかく、30代後半以降の肌には適していないので避けたほうが無難でしょう。

 

保湿成分に関してはコラーゲンやヒアルロン酸、グリセリンなどの成分がどのような形で配合されているのかをチェックしてみましょう。

 

セラミドは脂溶性の成分なので水分が多い化粧水との相性がよくないので美容液やクリームで補うのが原則です。コラーゲン、ヒアルロン酸の場合はナノ化による低分子化など浸透性を高めるための工夫がどれだけ施されているのかをチェックしておきたいところです。

 

乾燥で肌が硬くなってしまっている方は尿素をはじめとした肌をやわらかくする成分もお勧めです。

 

ハリケアに限らず、化粧水選びではその後の美容液やクリームの効果も考慮したうえで自分の洗顔後の肌に合った製品を選んでいく視点が求められるので意識して製品をチェックしていくようにしましょう。

40代から使いたいハリケアのための乳液の選び方

40代のハリケアにおいてもっとも選び方が難しいのが乳液でしょう。このアイテムに何を求めるのか、どうやって活用していくのかによって選び方の基準が大きく異なってくるからです。

40代はUVカット効果のある乳液を!

40代の乳液

まず第一に乳液に求められるのが油分を補う役割です。

 

年齢を重ねると皮脂の分泌量が減少することもあって皮脂膜が十分に形成されずに水分が失われやすい状態になります。

 

そうなるとせっかく化粧水や美容液で水分と美容成分を補って角質層にとどめておくことができずにどんどん蒸発してしまうのです。

 

そこで不足している皮脂の代わりに油分を補うことで水分とバリア機能の両方を改善していく必要が出てきます。

 

この点は乳液だけでなくクリームでも行うことができるので両者のバランスを考慮しながら選んでいくことが大事です。補いすぎるとベタつくなど使用感の問題も出てくるのでほどよい含有量と使い心地の製品を選ぶようにしましょう。

 

この油分を補う役割以上にハリケアにおいて重要な意味を持つようになるのがUVカット効果です。

 

紫外線のダメージが活性酸素を増加させることで老化を促し、バリア機能の低下が紫外線のダメージを真皮層にまで到達させてハリを低下させる…この問題をいかに防ぐことができるかが年齢肌のハリケアにおける生命線といってもよいでしょう。

 

しかもバリア機能が低下した肌に日焼け止めを使用すると負担になってしまう面もあります。そのため乳液の段階でUVカットを行っておくことで肌への負担を最小限に抑えつつ効果的に紫外線対策を行うことができるのです。

ティント乳液も40代の重要な選択肢

40代の乳液

現在では非常に優れたUVカット効果を備えた乳液が増えており、SPF30、PA+++程度は珍しくなくなっています。

 

日差しの強いシーズンや日中屋外で過ごすときには日焼け止めを使用し、日常生活の紫外線対策では乳液で済ませることができるような環境づくりも検討してみましょう。

 

もうひとつ、ティント乳液も40代になると重要な選択肢となってきます。これは化粧下地の役割も兼ねたタイプで、スキンケアを行いながらファンデーションを使いやすい環境へと整えていくことができます。

 

肌への負担を考えるとできるだけケアの手順を省略化することも大事になってきますから、ティント乳液でスキンケアとメイク両方の負担を減らすというのもひとつの選択肢となるわけです。

 

ハリケアに直接役立つというよりも肌の負担を減らすことで化粧水や美容液で行うハリケアの足を引っ張らないための選択ともいえるでしょう。

 

もちろん、ティント乳液でもしっかり油分を補うことができますし、保湿成分が配合されているものもあるのでハリケアの一環として使うこともできます。

 

これも選択肢に加えたうえで自分なりに「乳液に何を求めているのか」をはっきりさせながら選んでいくとよいでしょう。

40代から使いたいハリケアのためのクリームの選び方

年齢を重ねるにつれてクリームの重要性が増していくとともに役割に多様性が求められるようになります。40代はそんなクリームの位置づけが変化していく時期でもあり、ハリケアの観点からも比重に重要なアイテムとなってきます。

クリーム選びでは塗りやすさも重要

40代のクリーム

もともとクリームはスキンケアの仕上げ、化粧水や美容液で補った水分と有効成分が蒸発して失われないよう油分でフタをするのがおもな役割です。

 

とくに40代になると皮脂の分泌量が減少することから表皮の油分が不足がちになり、皮脂膜の十分に形成されにくくなります。

 

その結果水分が蒸発しやすいだけでなく、紫外線など外部からの刺激が肌の奥にまで達してしまいやすくなるため、クリームでうまく油分を補う必要が出てきます。

 

ですからまず自分の肌の乾燥状態を踏まえた上で必要な油分を補うことができるクリームを選んでみましょう

 

難しいのは油分が少ないと本来のフタをする役割が得られない一方で多すぎるとベタつきなど使い心地の問題が出てくる点です。

 

またムラなく薄く伸ばしていくためにも伸びのよさ、塗りやすさも大事な部分になってきます

 

油分が多く厚めのテクスチャの製品は伸びがよくないことも多く、厚塗りになりがちになるだけでなく伸ばすために何度も指で肌をこすることで摩擦の刺激をもたらしてしまう恐れも出てくるので注意したいところ。

 

現在では油分が多めでも伸びがよくさっぱりした使い心地の製品が増えてきているので油分の含有量と使用感のバランスも意識して選んでみたいところです。

日中用・夜用に分けた方法も!

40代のクリーム

そしてハリケアでとくに重視されるのが保湿成分を補充できる点です。

 

保湿クリームが人気を集めていますが、セラミドやスクワランなど脂溶性の保湿成分はクリームに配合すると肌になじみやすく高い効果が期待できるといわれています。

 

そのため単に油分で肌にフタをするだけでなく、プラス保湿成分を補うことでバリア機能を高め、乾燥対策だけでなくハリケアにも役立てることができるわけです。

 

セラミドを筆頭にどんな保湿成分が配合されているのか、よくチェックした上で選んでみましょう。

 

さらに一歩踏み込んだハリケアを目指す場合には日中用・夜用に分けてクリームを選ぶ方法もあります

 

日中の保湿を重視した日中用のクリームと、睡眠中の栄養補給を重視した夜用のクリームを使い分けることで24時間体制でハリケアを行っていくことができるようになります。

 

その分お金がかかってしまいますが、肌の衰えが進んでいく40代になるとターンオーバーとホルモン分泌が活発になる睡眠中のケアがとても重要になってくるだけに十分検討してみる価値はあるでしょう。

 

このようにクリームの役割が多様化しており、補う成分や使う時間帯に合わせて自分に合った製品を選んでいく姿勢も求められるようになっています。